著者:佐々木健太

起業家/心理カウンセラーのたまご/ブロガー/自由人/swimmer/地方国公立大学卒業/大学院中退

生き方と人生

周りの目を気にしない方法【他人の評価を気せず自分らしく生きる】

周りの目を気にしない方法を解説します。

今回の質問

周りの目が気になります。
どんなふうに思われてるんだろうとか。

他人の評価を気にしないで、もっと気楽に私らしく生きていくにはどうしたらいいですか?

こんな質問を受けたので、記事にして解説していきます。
今回の「めあて」はこんな感じです。

めあて
  • 周りの目を気にする人の心理的特徴がわかる
  • 周りの目を気にしない方法がわかる
  • 他人の評価を気にせず自分らしく生きることができる

まずは、周りの目を気にする人の心理的特徴を話ます。そして、それを踏まえて、どうすれば周りの目を気にしないで生きていけるかを解説します。

そして最後に他人の評価を気にせずに自分らしく生きていこうぜってことを話していきますね。

ちなみに僕は、、、
  • 周りの目を気にして生きてきました
  • 今ではほとんど気になりません
  • より自分らしい生き方ができています

それでは早速、記事をみていきましょう!

周りの目を気にする人の心理的特徴

周りの目を気にする人の心理的特徴とはどのようなものがあるのでしょうか?
まずはここを解説していきましょう。

正直、日本人の多くの人は周りの目を気にして生きている感じがしますね。
それはやはり、日本の教育がそうさせているのかなとも考えちゃいます。

悪いことではないのですが、間違った感じで認識されてしまうと、どうしても生き辛い世の中になってしまいますね。

周りの人の目を気にする人の心理的特徴としては以下の通りです。

  • 周りから嫌われたくない
  • 変な奴だと思われたくない
  • 仲間外れにされたくない
  • 馬鹿にされたくない
  • 良い人でありたい

これらの心理的特徴に心あたりがある人は多いはず。

人間なんだから仕方ないじゃないかとか、いろいろ思うかもしれませが、実際関係ないです。周りの目、他人の評価を気にしないで生きている人はいますよ。

周りの目を気にしない方法

じゃあどうすれば周りの目を気にしないで生きていけるのかという2つの方法を解説します。

  • 他人を変えることはできない
  • 周りの人は仲間であるという意識

この2つだけです。
とてもシンプルでありながらも、理解するには時間がかかる少し難しい内容です。

他人を変えることはできない

まず一番に理解すべきことが「他人を変えることはできない」ということ。

つまり、「他人が何を思うかは相手次第であり、操作することはできない」みたいな感じですね。

自分が何かをした時にそれをみた周りの人が「どう思うか」というのはその人たち次第で、そのことを操作することはできないということです。

だから、周りの人にどう思われようと、それは相手次第だから気にしても仕方なしですよ。

例えば、先輩が困っていたので積極的に助けに行ったら、「良いことしてるな」と感じる人もいれば、「先輩に媚び売ってるきも〜」っていう人もいるわけです。

同じ行為でも、周りの人が何を思うかは本当に人それぞれ。
繰り返しですけど、気にしてもしょうがないですよ。

周りの友達に嫌われたくないと言っても、あなたのことを嫌うかどうかは相手次第です。

周りに気遣いしないのとは違う

周りの人が自分のことをどう思うかは相手次第ってことなんだから、自分が何やっても無駄なんじゃないか。というと、そういうわけではないんですね。

だからって、周りに気遣いしないでめちゃくちゃなことやってたら、ダメです。

相手に好かれる方法っていうのはやっぱりあるわけで、もちろん、効果もありますよ。

ただ、それをしたとしても、相手に好印象に思ってもらえる可能性が増すというだけであって、確実に好かれるということではないですよね。

もちろん、逆に周りに気遣いしないでめちゃくちゃなことやってたら嫌われる可能性は高くなります。

ただわかって欲しいのは、相手がどんな風なことを思うのかを変えることはできないということです。だから気にしても無駄です。

周りの人は仲間であるという意識

簡単には理解できない話かもしれませんが、周りの人は仲間であるという意識を持つことが良いですよ。

これにより、上下関係がなくなります。
つまり、評価したりされたりがなくなるわけです。

あなたは仲の良い友人や親友と呼べるような人に対して、「よくできました」みたいな感じで評価しますか?

多分、しないはずです。

どっちかっていうと、「ありがとう」とか「ごめんね」、「助かったよ」みたいな感謝の言葉とかの方が多いのではないでしょうか。

尊敬とはまた違うのですが、上下関係ってのはいらないですよね。

上下関係があることで、「下の立場だから」みたいなことを意識してしまうわけです。
人間の価値に上下関係はありません。

それと、仲間というのにはもう一つ大切な意味があって、それは居場所の問題です。

学校や会社だけに居場所を作ってしまうと、嫌われるのが怖いとか思っちゃうかもですが、それ以外の人も、日本中の人全てが仲間だと思えば、その居場所に依存する必要もなくなりますよね。

いろんな場所に仲間がいるんだから、大丈夫ですよ。


他人の評価を気にせず自分らしく生きる

嫌われる勇気を持つことが大切

周りからどう思われるかなんてことを気にしないで、「嫌われてもいいや」という勇気を持つことが必要だったりします。

そうすれば自由になれますよ。

あなたがあなたらしく、生きていけばいいです。ただそれだけ。

ゴミ拾いしてもボランティアしても、人に優しくても、素敵だなと思ってくれる人もいれば、偽善者だという人もいるわけです。

どう思われるかなんて相手次第。

だから、周りのことは気にしないで、純粋なあなたのままでいれば良いんですよ。

あなたを嫌う人もいるかもしれませんが、その人にずっと注目し続けるのか、それとも、あなたのことを好きでいてくれる人のことを注目するのかでは、人生が違いますよね。

そうすれば意外と周りから好かれる

周りの人に好かれるために頑張る必要がある場合もあるかもしれません。
初対面で仲良くなりたいとか、良い人間関係を築きたいとかありますよね。

実際、僕のブログで人間関係をよくする方法について多く解説しています。

しかし、それは、手段の一つに置いておいて、「あ、この人に好かれたいな」と思ったときの道具として使えばいいです。

基本的に生きている中で、常に、周りの目を気にして生きていく必要はまるでないです。

だって、周りの人は仲間なんだから。

それに、そうやって、自分らしくいきいきと人生を歩んでいる人を、みんな好みます。
今この記事を読んでいる人も、周りの目を気にしないで自由になりたい、そんな人に憧れているから読んでいる人が多いはずです。

結局のところ、周りの目を気にしないで自分らしく生きることをしていたら、好かれることがあるんですよ。

繰り返しですが、必要なのはこの2つだけです。

  • 他人を変えることはできない
  • 周りの人は仲間であるという意識

勇気を持って行動しましょう。
あなたが自分らしい生き方ができるように願ってます。


『僕は幸せものです。生きてるだけで幸せです。』
佐々木健太
起業家/社長/心理カウンセラーのたまご/ブロガー/自由人/swimmer/福岡県前原市(糸島市)出身/中学高校は名古屋で過ごす/国公立大学山口大学卒/大学院中退/みんなに幸せを与え続けたい/最近はジムで筋トレしてる/あとギターを始めた/『僕は幸せ者です。生きてるだけで幸せです。』/SNSもよろしく↓
\ Follow me /
Amazon

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です