著者:佐々木健太

起業家/心理カウンセラーのたまご/ブロガー/自由人/swimmer/地方国公立大学卒業/大学院中退

会話力

聞き上手は相槌上手【5種類のあいづちを使おう】

聞き上手な人って相槌上手でもあるんですよね。

今回の質問

聞き上手って相槌が上手って本当?

こんな質問を受けたので、記事にして解説していきます。
今回の「めあて」はこんな感じです。

めあて
  • 聞き上手になる相槌の5種類がわかる

聞き上手になるには相槌上手になる必要があります。

ちなみに僕は、、、
  • 練習して聞き上手になりました。
  • 相槌を5種類使ってます。

それでは早速、記事をみていきましょう!

聞き上手は相槌上手【5種類のあいづちを使おう】

相槌には大きく分けて5種類あります。

  1. 単純な相槌
  2. 繰り返しの相槌
  3. 感情の相槌
  4. 要約の相槌
  5. 進める相槌

それぞれについて説明していきますね。

単純な相槌

相手は自分の言葉に肯定してくれたように感じます。
また、話を聞いてくれてるんだなと感じてもらえますよ。

  • うんうん
  • へぇ~
  • そうなんだ
  • なるほど~

この単純な相槌は、多くの人がよく使うものですよね。
でもこれだけでは相槌上手とは言えませんね。

繰り返しの相槌

相手の言った言葉に対して同じことを言う感じですね。
相手は自分が言った言葉が返ってくるので、しっかり話を聞いてくれてると感じてもらえますよ

  • 「昨日、近くにできたカフェに行ったんだよね」
    →「そうなんだ、近くにできたカフェに行ったんだ」
  • 「明日から、友達と2泊3日の旅行にいくんだ〜」
    →「へぇ、旅行にいくんだ。しかも2泊3日で!」

相手の言葉の中にある、キーワードとなる言葉を繰り返します。
簡単だけど効果は高いですよ。

感情の相槌

相手の言葉の中に隠されている感情を表現するということです。

つまり、相手の話を聞く時に「相手はその時どんな気持ちになったのか」という感情の部分に注目することが必要になりますね。

  • 楽しかったんだね
  • それは大変だったね
  • しんどいね
  • 悲しい気持ちになるよね
  • 嬉しいね

感情を相槌にして繰り返すことで、相手の気持ちにグッと近づくことができますよね。
それにより、相手も気持ちを理解してくれる人として認識してくれますよ。

要約の相槌

相手の話してくれた文章を要約して、それを返事として繰り返すことです。
話題がはっきりするので会話がわかりやすくなりますよ。

  • 「昨日、近くにできたカフェに行って、コーヒー飲んでたんんだけど、そのときテレビの取材がきてて、そのリポーターが有名な芸人さんで〜〜」
    「そうなんだ、カフェに行ったら有名な芸人さんいたんだ」

相手が本当に伝えたい部分に注目してみましょう。
「つまり、こういうことだね」という感じです。

相手が伝えることが下手くそだったり、感情的になっていて言葉がまとまってない時なんかに使えますね。

進める相槌

相手に話の内容の続きを催促する感じですね。

これにより、会話がどんどん進んでいきます。
相槌を使うことで相手が話しやすくなりますよ。

  • それでそれで?
  • そのあとは?
  • つづき気になる~
  • そして?

会話の司会進行をするつもりでやるといいですよ。

【まとめ】聞き上手になるには相槌上手になろう

聞き上手になるには相槌上手になる練習をしましょう。

話を聞くという行為には「うんうん」と相槌をうつだけではいけません。
今回紹介したように、5種類を使い分けましょう。

バリエーション豊かな相槌をすることで、会話も続きますよ。
ぜひ、試してみてくださいね。

『僕は幸せものです。生きてるだけで幸せです。』
佐々木健太
起業家/社長/心理カウンセラーのたまご/ブロガー/自由人/swimmer/福岡県前原市(糸島市)出身/中学高校は名古屋で過ごす/国公立大学山口大学卒/大学院中退/みんなに幸せを与え続けたい/最近はジムで筋トレしてる/あとギターを始めた/『僕は幸せ者です。生きてるだけで幸せです。』/SNSもよろしく↓
\ Follow me /
Amazon

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です