著者:佐々木健太

起業家/心理カウンセラーのたまご/ブロガー/自由人/swimmer/地方国公立大学卒業/大学院中退

人間関係の悩み

【悲報】大学生の入学式で友達ができない【失敗しない話しかけ方】

大学の入学式で友達ができないよって人に向けて記事を作りました。

今回の質問

大学生の入学式が終わって、オリエンテーションも終わったんだけど、誰とも話すことができなかった。どうしよう。

なかなか話しかけられずに、消極的になってしまった。
周りはグループできてるし、もう、入りづらいな。

こんな質問を受けたので、記事にして解説していきます。
今回の「めあて」はこんな感じです。

めあて
  • 大学生の入学式で友達ができなかった人が、上手な話しかけ方を身に付けることができる。

大学生の入学式って大規模で行われるから友達作りをしにくいですよね。
しかも、中学や高校の時と違って全く違う環境の人や、田舎から都会に上京した人や、いろんな人がいますよね。

実際、入学式やオリエンテーションで仲良くなるのって難しいですよ。

ちなみに僕は、、、
  • 大学生の入学式で友達できませんでした。
  • オリエンテーションでも別に仲良くなりませんでした。
  • でも結局、友達を作ることに成功しました。
  • ただ、僕は心を開くのが苦手なので、群れたりするより一人が好きです。

それでは早速、記事をみていきましょう!

【悲報】大学生の入学式で友達ができない

大学での入学式って、大規模に行われて人がたくさんいて、友達作るとかいうのが難しいですよね。
じゃあオリエンテーションだ頑張ろうってなるんですけど、これもまた難しい。

無作為に選ばれた人たちと仲良くするのはしんどいって人も多いはず。

友達ができないのは仕方ない。不安にならず安心してね。

難しいですよ。友達作りは。
確かに、入学式やオリエンテーションで友達のグループできてる人もいますけど、あれは才能があるんですよね。

それに、友達を作るのは、今じゃなくても良いですよ。
徐々に作れば良いです。思い出してください。中学や高校での友達は皆、入学式で仲良くなった人だけですか?違いますよね。

これからゆっくり友達の輪を広げていけば良いですよ。

無理して友達を作る必要はない

ちなみに、無理して友達を作る必要もないですよ。
そんな相手に強引に合わせるように好かれるようにして、友達作りしても疲れるだけです。

もっと、素直で気楽になれるような友達を作るべきです。

しばらく、ひとりぼっちでも問題なし

しばらくの間、ひとりぼっちでもそれほど問題なしです。

男子と女子でこの辺の価値観が変わってくるですけど、男なら孤独でもあまり気にならないかもですね。
ただ、女の子だとちょっと存在が浮いてしまう可能性がありますよね。女って群れる生き物なので。

というわけで、失敗しない話しかけ方を後で解説しますね。

とはいえ、最低限の友達は必要だよね。

最低限の友達は必要ですよね。
友達と呼べなくても知り合いはいる方が良いです。

学校で困った時に協力したり、課題や試験に向けて情報共有したり、一人暮らしで頼れる人がいない時に助けてもらったり。

ちなみに僕は、大学4年間、学科の友達と一度も遊びませんでした。
それでも、学科のみんなは僕にとって大切な友達だったので、困った時はお互いに助けあったりしました。

僕は部活に所属していたので、そっちの仲間と遊ぶことの方が多かったですね。

というわけで、最低限、友達は必要なわけですね。
お待たせしました。友達作りの方法を次で解説します。

【大学の入学式】失敗しない話しかけ方で友達作り

大学の入学式でうまくいかなくても、オリエンテーションでうまくいかなくても大丈夫です。
これから友達作りをするにあたって、失敗しない話しかけ方のポイントは以下の3つです。

  • 「ねーねー」と質問から始める
  • 「お願い」で協力し合う
  • 「ありがとう」で仲間になる

「ねーねー」と質問から始める

とりあえずまずは質問から入ることです。
わかっていることでも、友達に再確認するって意味で質問しちゃいましょう。

名前もわからないと思うので、「ねーねー」と肩を軽く叩いたりして声をかけてみましょう。
おそらく、相手も初めての環境で緊張しているので、緊張感はお互い様ですよ。

いや、話しかけるのがもう無理!って人は微笑むくらいで大丈夫です。

笑顔を見せると、人が寄ってくる

こちらから話しかけることができなくても、ニコっと微笑むだけでも効果ありです。

入学式のあたりではまだまだみんな緊張しています。
そんな時にニコって笑顔を見せてくれる人がいたら、相手も安心して話しかけてくれます。

みんな私に近寄ってきて良いよ〜って微笑みかけましょう。

「お願い」で協力し合う

お願いをしましょう。
お願いしようと思うと気が引ける人がいるかもしれませんが、そんなこと考えなくて良いです。

お願いするということは、相手を仲間として認識して、信じることができると考えたから、できる素敵な行為です。

お願いをすることで相手との信頼関係が深まります。
また、相手からのお願いを聞いてみたり、お願いされた場合は快く受け取ってみましょう。

ただし、お願いの度合いは考えるべき

何でもかんでも相手にお願いしたりするのは違いますよね。
その辺のさじ加減は、大学生になればこれまでの経験でわかるでしょう。

また、お願いも軽い物が良いですね。
相手に負担をかけ過ぎないものが良いです。

「ここがわからないんだけど教えて?」とか、せめて「迷子になりそうだから一緒に移動しよう」くらいまでの負担が良いでしょう。

「ありがとう」で仲間になる

ありがとうっていうのは人と人とを結ぶ大切な言葉です。
良い人間関係を構築する上で必ず必要になる言葉です。

「ありがとう」という言葉は積極的に使っていきましょう。

どれだけ些細なことでも、ありがとうが言えるかどうかで関係が大きく変わりますからね。

【まとめ】大学生の入学式で友達ができないと不安になる必要なし

大学生の入学式で友達ができなくても全く問題なしです。
不安になる必要はありません。

これから、先ほど解説したような方法を用いて、友達作りをしてみましょう。
実際、3ヶ月くらいかけてゆっくりとしたペースで友達を増やしていって良いですよ。

友達ってのは大切なものです。
強引に無理やり関係作って、自分に嘘ついて一緒にいるよりかは、素直で気楽にいられる友達を見つけましょう。

『僕は幸せものです。生きてるだけで幸せです。』
佐々木健太
起業家/社長/心理カウンセラーのたまご/ブロガー/自由人/swimmer/福岡県前原市(糸島市)出身/中学高校は名古屋で過ごす/国公立大学山口大学卒/大学院中退/みんなに幸せを与え続けたい/最近はジムで筋トレしてる/あとギターを始めた/『僕は幸せ者です。生きてるだけで幸せです。』/SNSもよろしく↓
\ Follow me /
Amazon

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です